« エミリ・ディキンソン③ | トップページ | 富田木歩 »

2017年9月10日 (日)

秋である

昼間の風も涼しくなった。やっと秋が来たようだ。
11月になると寒くなり始めるから、この期間は貴重。
バイクで走るには最高の季節である。

ただ、どうも気持ちと体がついていかない。
人間はこんなふうに老いるのだろうかと、
暗いことなど考える……。

   残る蚊の歩くテーブルクロスかな  一行

   松の葉の尖りて秋の彼岸かな  一行

   みづからの影と別るる竹の秋  一行




いま、ちょうど「虫時雨」の季節。
そしてそろそろ収穫だ。もう稲穂は実っている。



   田の風はぬるさを含み稲田かな  一行



自分の俳句を詠んでいきたい。
そして、それなりの賞も欲しい。

あまり熱心にやってないから、この年齢からでも難しいが、
チャレンジは続けたい。








俳句ブログランキングへ

« エミリ・ディキンソン③ | トップページ | 富田木歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2060717/71664996

この記事へのトラックバック一覧です: 秋である:

« エミリ・ディキンソン③ | トップページ | 富田木歩 »