« 終戦日か終戦忌か | トップページ | 稲田 »

2017年8月23日 (水)

俳句甲子園

19日、20日と「俳句甲子園」だった。
今年も開成高校が優勝。20回の大会のうち、
10回優勝。しかも、出場するようになったのは6回目ぐらいからだから、
実質的に、ここ15年はほとんど開成ということになる。

決勝は愛知県の幸田高校だった。



Img_0587

接戦だったが、ディベートの力で押し切った感じである。

最優秀句は開成の生徒の、


    旅いつも風に抜かれて大花野



開成の句は、うまい。しかし、「こうやって、こうすれば受けるだろう」
というあざとさのようなものがある。

しかしこの句には、それがない。

   *

口下手で、思っていることをうまく表現できない高校生もいる。
だから、あの開成の「淀みない」ようなディベートは、
正直、どうかとは思う。

俳句は、「よく分からないけど、なんとなく、いい」

と言うものも必要だから……。

Img_0593


それにしても8月の猛暑のなか、2日連続はきつかった。
月、火、とグロッキーである。




俳句ブログランキングへ

« 終戦日か終戦忌か | トップページ | 稲田 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2060717/71497864

この記事へのトラックバック一覧です: 俳句甲子園:

« 終戦日か終戦忌か | トップページ | 稲田 »