2020年11月 3日 (火)

週刊金曜日 今月も特選!

 

週刊金曜日 今月も特選。

衣被明るき夜空したがへて  一行  特選

里芋を剥くとき潮の満ちてくる  一行

Img201103012913001_20201103014401

2020年10月26日 (月)

角川『俳句』11月号で佳作

角川『俳句』11月号が届いた。

読者投稿欄で、2句佳作。

1句は五十嵐秀彦先生。

月欠けるやうに夏蝶舞ひ上がる  一行

1句は櫂未知子先生。

てのひらに人形の家夏の月 一行

 

五十嵐先生には、9月号で「推薦」に選んでもらった。

さもなくば金魚の白い息であり 一行

 

櫂先生も、佳作だがほぼ毎月選んでいただいている。

頑張らねば。

 

 

 


http://ikkomsk.my.coocan.jp

   ↑
開店休業状態のHP。旅日記と詩をアップしたくて
10年ほど前につくった。
稚拙な「つくり」だが、気が向いたらぜひ。

 

 

 

 

 

2020年10月13日 (火)

筒美京平さん 逝く

作曲家の筒美京平さんが亡くなった。誤嚥性肺炎だとか。まだ80歳。

「誤嚥」など、遠い世界のことと思っていたが、

最近ときどき、むせる。

肺までドカッと入り込んだりはしていないだろうが、

確実に「飲み込む力」は衰えている。ヤバいなあ。

ノド鍛えなきゃ!

話によると、食物の誤嚥だけでなく、飲み込む力が弱ってくると、

唾液も肺に入り込むことがあるのだとか。

大声を出すのがいいとも聞いた。そう考えると、カラオケも2年ほど行っていない。

今度「一人カラオケ」でもやるかな……。ww

あー、やだなあ、こういう老人めいたこと書くの……。

 

 

  放牧の牛の光り秋夕焼  一行






http://ikkomsk.my.coocan.jp

   ↑
開店休業状態のHP。旅日記と詩をアップしたくて
10年ほど前につくった。
稚拙な「つくり」だが、気が向いたらぜひ。

 

 

2020年10月 6日 (火)

NHK俳句へ

これまで私は、角川『俳句』(雑詠3句)、文学の森『俳句界』(雑詠3句、題詠2句)に投稿してきた。
しかし、『俳句界』の年間購読が終わるのをきっかけに、『俳句界』への投稿をやめるつもりだ。

投稿がある、ということは、イヤでも句をつくらねばならず、それなりにモチベーションアップにつながるのだが

2誌で年間25,000近くは痛い。

……というところで、投句料無料の「NHK俳句」を始めてみようかなどと思っている。

いまも投句しているが対馬康子先生の回のみ。
これを、4先生すべてに出すつもりだ。
ネットで投稿できるので、ハガキを書く手間も省ける。

そして来年には、句群で勝負するビッグタイトルを……
これが当面の目標である。



http://ikkomsk.my.coocan.jp

   ↑
開店休業状態のHP。旅日記と詩をアップしたくて
10年ほど前につくった。
稚拙な「つくり」だが、気が向いたらぜひ。

 

2020年9月26日 (土)

週刊金曜日 久しぶりの特選!

  週刊金曜日で櫂未知子先生が俳句のコラムを主宰している。

今回、久しぶりの特選に。

本殿に赤い錨が浦祭  一行

Kinyofoto9

 

 

2020年9月11日 (金)

やっと涼しくなった……

やっと熱帯夜ではなくなった。ここ松前では、そろそろ稲刈り。

虫時雨の夜である。

9月末の締めきりで、「俳壇賞」(30句)、

NHK龍太賞(15句)

余裕があれば

NHK短歌 近藤芳美賞 15首も。

なんとか行けそうである。


松前句会も30名 150句になるかもしれない。

 

2020年8月28日 (金)

「麦」新人賞 受賞第一作

麦新人賞の、受賞第一作。


冊子には「新進気鋭の作」と紹介されています。
 
いくら「俳句で60歳は若手」といっても、67歳の新進気鋭はなあ……と少々複雑な心境だ。



Img200828223215001


2020年8月24日 (月)

角川『俳句』9月号 3句とも入選

角川『俳句』9月号が届いた。

3句投句で、3句とも入選。これは嬉しい。

しかも一句は秀逸、一句は推薦。

さもなくば金魚の白い息であり  一行  (推薦) 五十嵐秀彦先生

くらやみの電車は花を食べてゐる  一行  (秀逸) 対馬康子先生

ぬるぬると眠れずに朝虎が雨  一行  (佳作)  櫂未知子先生




 

Img200824222150001Img200824222234001 

2020年8月17日 (月)

約1カ月ぶりのブログ

ちょっと追い込みの仕事が最後の段階に入っていて、

俳句どころではなかった。

昨日やっと手離れ。

いま、松前句会は「17回」の選句中。140句!

 旱星瞬きにある湿り

 行き着けぬクリスチャン墓地芭蕉咲く

 笑ひ方忘れてしまひ天道虫

 納豆の糸の切れずに旱星

 

こんな句が並ぶ。今のところ私の句はあまり調子よくない……。


 

 


http://ikkomsk.my.coocan.jp

   ↑
開店休業状態のHP。旅日記と詩をアップしたくて
10年ほど前につくった。
稚拙な「つくり」だが、気が向いたらぜひ。

 

 

 

 

 

 

2020年7月13日 (月)

松前句会 その後

松前句会(ネット句会)も16回になった。
25名。超結社。

  夕焼を見てゐる人の明朝体  一行




30名にはしたいものである。

興味のある方は以下へ。

 

 

ikko_k@nifty.com

片山一行





http://ikkomsk.my.coocan.jp

   ↑
開店休業状態のHP。旅日記と詩をアップしたくて
10年ほど前につくった。
稚拙な「つくり」だが、気が向いたらぜひ。

 






«「麦」新人賞 選評